読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iTunes使ってない人必見!Googleフォトを使ってiPhoneで撮った写真をタダ&放置で全部バックアップする方法

f:id:melco3939:20161007213929j:plain

ショップの人に聞いたところiPhoneを機種変更する時にiTunesでバックアップを取って…という人はiPhoneユーザーの半分くらい(ショップの人の肌感覚)らしくその他の人はiCloudが多いようなのですがその他に少なからず「全くバックアップを引き継がない」という方がいらっしゃるとのこと。

  • アプリまた手作業でインストールする気かよ!?→自分でインストールしたアプリは数個だから手作業でインストールしてもそんなに手間じゃない
  • 音楽どうすんのさ!入れられないじゃん!→パソコンと繋いでないからそもそも音楽は入っていない(音楽はYouTubeで聞く)

などライトユーザーだとこういう感じのようでiPhone何に使っているのかと思うのですが、そういう方でもやはりiPhoneで撮影した写真はどうしようか、という話にはなるようです。

iPhoneには多数のAndroidと違いSDカードが入りませんのでAndroidのようにSDカード経由で写真を移動するという方法が使えません。Appleは「iTunes使えや」が公式見解なので、iTunes使わない人は何か別の手段を使わなければいけません。一応AppleiCloudに写真保存できるようにしていますが無料の容量は5GBか直近1000枚。頻繁に写真を撮る人だと全く足りません。

これを解決する色々方法はあるのですが、要はみんながバックアップをしない二大理由は

  • お金がかかるのがイヤ
  • めんどくさいのがイヤ

な訳で、これにできるだけ引っかからない手段として今回はGoogleフォトを使った写真のバックアップを紹介します。

Googleフォトはインターネット上に写真を預けられる所謂クラウドサービスです。このようなサービスはDropboxなどたくさんあるのですがGoogleフォトを選んだ理由は

  • どれだけ写真を預けても無料
  • 自動で写真をバックアップできる
  • 後でアプリ上で写真を探しやすい

という3点です。

ただし1つだけデメリットがあってそれは

  • ほんの少しだけ写真の画質が下がる

ただし解像度などは変わらずまず見た目には分からない程度です。そもそもこの話はバックアップしないで写真を機種変更ごとに捨ててる人向けなので何も残らないよりはマシということでひとつ(笑)

************ 

では早速やり方を。

まず前提としてWi-Fi(無線LAN)が必要です。Wi-Fiなくてもできますが、写真の枚数によっては月のデータ転送量に大きく響きます。特に大量の写真を転送する初回はWi-Fi使用を強く推奨します。

 Googleフォトアプリを下記リンクよりダウンロード。無料です。

 初期設定は下記参照。

dekiru.net

上記リンクの⑩までやればOKです。あとは放っておきましょう。勝手にアップロードされます。バックアップ中にアプリが終了したりWi-Fi接続が切れてもまた次やる時に途中から再開されますので大丈夫。

そしてもう一工夫。普段アプリを立ち上げていない時も自動でバックアップされるようにします。

Googleフォトアプリの下の方にある「アシスタント」をタップして「バックアップをバックグラウンドで行いますか?」というカードの「[設定]を開く」をタップします。

f:id:melco3939:20161007201131j:plain

もしアシスタントに「バックアップをバックグラウンドで行いますか?」のカードが表示されない場合はiPhoneの「設定」アプリ→一般→Appのバックグラウンド更新 で同じ画面が表示されます。


「Appのバックグラウンド更新」をオンにします(写真はオンの状態)。元々オンになっている人はそのままで。

 f:id:melco3939:20161007202117j:plain

続いて下の方にある「Googleフォト」をオンにします。

f:id:melco3939:20161007202124j:plain

ちなみにこのAppのバックグラウンド更新はオンにするとバッテリーの使用量が増える場合があります。これをオンにしないといけないアプリは多くないので特別にオンを推奨されているアプリ以外はオフにしておいたほうがいいと思います。

またAppのバックグラウンド更新は更新頻度がランダムです。数時間発動しない場合もありますので撮影した写真がすぐバックアップされるわけではありません。またWi-Fiバックアップ限定にしている場合はWi-Fi環境でないとバックアップされません。

急ぎでバックアップしたい場合(例:旅行中にスタバで休憩したのでスタバのWi-Fi使って写真をバックアップしたい)はGoogleフォトアプリを起動させましょう。起動させれば強制的にバックアップが始まります。以上でバックアップ設定終わり。

****************

次に写真の削除のルールを書いておきます。

  1.  iPhoneの写真アプリ内で写真を削除した場合はアップロードしたGoogleフォトからは写真は削除されない。
  2. Googleフォトアプリから写真を削除した場合はGoogleフォトにアップロードした写真と共に端末内の写真も削除される

2.には注意が必要です。写真を削除する場合は「写真」アプリから削除するようにしましょう。(誤ってGoogleフォトアプリから削除して端末から写真が消えてしまった場合は「写真」アプリの「最近削除した項目」から復活させられます)

逆に言うとバックアップが完了した写真は「写真」アプリから削除すると端末の容量を節約できます。バックアップが完了していない写真はGoogleフォトのプレビュー写真に雲に斜線が入ったアイコンが表示されています。

f:id:melco3939:20161007210843j:plain

またはバックアップ完了している写真をGoogleフォトアプリから一括で削除することもできます。

Googleフォトアプリの検索欄左の三本線アイコンをタップします。

f:id:melco3939:20161007205525j:plain

「空き容量を増やす」をタップ。

f:id:melco3939:20161007205532j:plain

「空き容量を増やす」をタップ。

f:id:melco3939:20161007205540j:plain

確認画面で「削除」をタップすると削除されます。まあ頻繁にやらなくても容量足らないなーっていう時にやればいいいでしょう。

*********

最後に写真の探し方Tipsを。下のメニューの「フォト」をタップすると写真一覧が出ますが少しスクロールさせると右側にアイコンが出現します。

f:id:melco3939:20161007212258j:plain

これを上下させると写真が高速スクロールするのと同時に撮影年月が表示されるので写真探すのに非常に便利ですので使ってみて下さい。